スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノン、ありがとう。。また会う日まで・・・・

本日、5月24日、午前9時50分ころ、実家の守犬・ノン(推定年齢17歳・♀)が永眠しました。


悲しみと寂しさを感じながらも、ノン、苦痛から解放されたね。。。と少し安堵感。。。。

「母と妹のそばにいたい!」との一心で奇跡ともいえるほどに生きたノンのことを、それをずーっと看てきた母と妹のために記録として残しておきたいと思います。



ノンの今までの経過はコチラから









午前10時前でした。

一通のメール。「ノン、今死んじゃった。」





連絡を受けてハっと気付きました。

今日、明日と母は連休。

母や妹の仕事に影響ないように、まるで日にちを選んだかのように逝ったノン。

いや、最後は母に見守られていきたかったのかもしれません。

母が休みであれば、自分のそばにいてくれるのがわかっていたのかも・・・・

そして仕事に迷惑がかからないように、みんなが休みである日も・・・・

どこまで世話のかからない犬なんだ。。。と皆で涙です。




連絡を受けてからノンのことをおチビとシェリーに話しました。

おチビはわかっているのか?(わかるはずはないけれど)「ノンちゃん、お空にいっちゃったの?じぃじのところに雲にのっていっちゃったんだね、さよなら言わなきゃ」と大泣き。

そんな感受性の豊かなおチビに「ノンちゃんのお別れのお手紙書いてあげようね」と紙と色鉛筆をもたせました。



おチビからノンへ

おチビが書いたノンへのお手紙。

左の茶色いマルを「お薬」そして「リンゴ」、「お風呂に入ってる人(意味不明)」「ノンちゃん」と言います。

意味不明もありますが、ノンが苦しんでいたことは理解しているようです。



そして私は急きょなので、真白な布がなくて、生成りではありますが、白装束ならぬ、「生成りバンダナ」を縫いました。


ノンへバンダナ



それから、ノンが棺に入るまで移動の際にいいかな~と思い、おチビ誕生のときのおふるではありますがクーハンをもっていくことにしました。


ノンへ



そして気分が少しでも落ち着いてくれますように・・と母と妹にロールケーキを焼いていきました。

母と妹へ







実家にいくと、ノンは本当に17歳とは思えないほどにきれいで、穏やかに眠っていました。


ノン

発達していた後ろ脚は本当に細くなってしまったけれど。。。。毛並みもしっかりしていて今にもいびきが聞こえてきそうなくらいでした。


ノン

今にも起きてきそうな寝顔のようで。。。。



写真を撮ったらずーっと介護生活を思い出して哀しさ寂しさやるせなさ、切なさ・・・尽きないと思い母にどうするか聞くと、「撮っておいてほしい」と。

ノンの本当の最後の姿。


長生き表彰も受けたので、賞状とも。


ノン



シェリーですが・・・・絶対にノンに近づきませんでした。

そして、いつもは平気なのに、ノンがいる部屋には入りたがりませんでした。

表情も堅くて何かを感じているのがよくわかりました。

そして不可解な行動が


困ったシェリー

クーハンに入ってます。。。。なぜ?



実は私は・・・ノンの寝ている部屋に父の気配を感じて。。。なんとなくだけど。。。

ノンをかわいがった父。きっとお迎えにきたんだな。。。。



明日にはノンは荼毘にふされ、フワフワの毛も大きな体も触ることができなくなってしまいます。

今夜は苦しみから解放されたノンと、家族でぐっすり眠ってくれたら。。そう思います。



ノン、長い間我が家を守り、見つめ続けてくれて本当にありがとう。

あなたがいたから、お父さんが逝ってしまった時も私たち、乗り越えられた。

色々あっても癒されて、またがんばろ~って思えた。何よりお母さんの支えだったんだよ。

最後は本当につらかったよね、よく耐えたね、でももう苦しくなくなったよ。

お父さんが待ってる、お父さんと再開するんだよ!

そして、みんな必ずまた会えるから。少しの間、先に待ってて!

また会える日まで。。。。ありがとう、ノン。






哀しさと寂しさで支離滅裂ですが。。。。







にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

ノンちゃん。最期までお母さんや妹さんのことを考えて・・・・本当にやさしい子だったんですね。。。。涙が止まりません。上の文章・・・・お父さんが亡くなってノンちゃんがいたから乗り越えられた。これ、私にとってモコなんです。だから気持ちが痛いほど分かり涙が止まりません。ノンちゃん。ノンちゃんの存在はみんなの心の中に残るからね。ノンちゃんの優しさはみんなに受け継がれていくからね。だから安心して今はお父さんとの再会を喜んでたっくさん甘えてね。このブログを通して私にもたっくさんのことを教えてくれたノンちゃん。ありがとう。
この気持ちはモコにたっくさんの愛情を注いでいくことで感謝の気持ちとして伝えていきたい。

ノンちゃん ありがとう

ノンちゃん17年間 ありがとうv-354おつかれさまでした。

お母様、妹さんへ
ノンちゃんは本当にきれいな姿で、どんなに大切にされていたか、
どんなに幸せだったか よくわかります。
お母様の休日を選んだように亡くなったノンちゃん、健気ですね。
どうか、お疲れがでませんように…。

実はうちでも、同じような事がありました。
実家は小さな酒屋なのですが、父が亡くなって四十九日が終わったのが ちょうど年末でした。
「お正月に喪中だと、商売に影響が出ると思って死ぬ日を選んだんじゃないの?」
と、家族みんなで話したものです。

ノンちゃんも、お母様の休日を選んで亡くなったのかもしれません。
私には納得できるお話でした。

天国で、お父様とノンちゃんが 「あははは、えへへへ」と、一緒に走っている光景が目に浮かぶような気がします。
お父様の姿を知らない私が言うのも変なのですが…。

ノンちゃん、おつかれさま。

17歳は大往生だけど、でも、悲しいね。
会ったことないノンちゃんだけど、涙ぼろぼろです。

ノンちゃん、よく頑張りましたねv-409
皆を幸せな気持ちにしてくれてありがとうの言葉を送りますv-300
天国でお父様と再会していっぱい散歩に行って下さいね。
シェリーちゃんもおちびちゃんも理解出来ているんでしょうね。
ご愁傷様でした。

連絡受けてから、ノンちゃんの安らかな寝顔をみるたびに
ずっと涙がでるよ。
会ったことないのに、何でこんなに悲しいんだろう。
多分どれだけ愛されてきたか、文章だけでもわかったからかな。
これでノンちゃんも苦しみから解放されて、そしてお父さんもやっと
ノンちゃんに会えて、お互い一緒にいられるね。そう思うと悲しいけれど可哀想じゃないよね。
フロイデは何故か今日の散歩の途中、何度も立ち止まっては後ろを振り返って切ない顔をしてたんだ。ちょうどノンちゃんが荼毘にふされているであろう時間だったんだよね。

お母様、妹さん、本当にお疲れ様でした。ノンちゃんの為にも身体を壊さないで下さいね。ノンちゃんがきっと悲しんで天国で遊べませんから。

はかないねー。。。

土曜日にパルの当てっこクイズなんかしてたのにこんな悲報が待ってたんだ。。。
犬の命もはかないよねーーでもでもきっとお空で大好きな父さんと会って元気いっぱいに飛び回ってるはず!と信じよう!!
お母さん、長い間ご苦労様でした。

ノンちゃん もう痛いとこもなくなって 元気に走ってますか?
もうお友達は 見つけたかな?
今度は お空から みんなのことを見守ってあげてね。

ゆっくり 休んでね。

老化といつか来る別れははしょうがないことで、でも長生きして、病気で苦しまず、看取られて犬生を全うしたことは、ノンちゃんにとっても介護をされたおうちの方たちにとっても、立派なことです。
ノンちゃんは、生前家族を支え、別れで小さなオチビちゃんにも命の大切さを教えてくれましたね。
これからは姿は見えなくても、そ~っと家族を見守ってくれます。
うちもそうです♪
そして家族が落ち着いて、また元気に毎日を過ごしだした頃、安心して成仏するんじゃないかなって感じてます、、

ノンちゃん。

お疲れ様だったよね。(;>_<;)お母さんたちに見守られて、安心したんだよね。この日ならって。今頃きっと、お母さんたちが来るのお父様と楽しく安心して待ってるよね。悲しくて、寂しくて、でもでも、もう痛くもないと思うと、ほっとできるかな。祖母がなくなったとき母は「もう寝かせてあげて!」と泣きながらそういえば、いってました。ノンちゃん、沢山お父さんに甘えナねー。(ノヘ;)

mokoさんへ

mokoさん、温かいコメントありがとうございますv-406
mokoさんも同じような境遇にあって、モコちゃんの存在が支えというか癒しというか。。ですよね。。。。
ノンは我が家の変化・激動に時代をともに生きてくれました。
ノンを本当にかわいがった父と今頃は再開できてるかな~v-410

モコちゃんもた~くさん可愛がってもらうんですよ~♪

きょうはすてーき さんへ

きょうはすてーきさん、母や妹にまでやさしいコメントをありがとうございますv-406

きょうはすてーきさんも同じようなことを経験されているのですね。
たぶん、死期を悟ったノンは大好きな母に看取られたくて、そしてゆっくりと三人で最後の別れの時間がもてるこの日までがんばったのだと思います。
実は父も同じ。
イベントが大好きで、クリスマスまでがんばりました。
その後に逝ってしまいました。父も年末の忙しい時では迷惑がかかるからって思ったんだろうね~と話しましたよ、よく。

きっと父と再開して二人で空から笑ってみていてくれるものと信じていますv-410

あるず&しゅな~ずさんへ 

あるず&しゅな~ずさん、ノンのことで涙していただきありがとうございますv-406

ノンは大型犬の部類に入るくらいだったので、17年といえば、大往生ですよね。
わかってはいても・・・わかってはいても・・・v-409

命あるものの宿命ですよね。。
命、大切にしないといけませんよね。

ナナママさんへ

ナナママさん、やさしいコメントをありがとうございますv-406

ノンは本当に「ありがとう」と思います。色々なことを教えてくれました。
そしてだからこそ、健康である今を悔いなく生きようとか、今日を大切にしようとか、シェリーとの一日は4日分だから大切にしよう・・などと思えるようになりました。

おチビはともかく、シェリーが理解しているのには驚きました。
犬なりの直感というか、感覚があるのでしょうね~


takkyさんへ

takkyさん、やさしい言葉にお心遣い、どうもありがとうv-406

ノンは大好きな母に看取られて、ゆっくりお別れしたかったんだなぁ~とつくづく感じます。
それまでは逝けないとがんばったんだろうな・・・
そう思うと切ないv-409
今はもう母も妹もノンが無事に荼毘にふされて家に戻ったことで自分たちの日常を取り戻しています。
仕事があることが、ある意味いいよね。
でも、有名だったノン。母は「ノンちゃんは?」って声をかけられるのが怖いみたいです。

体、実は深夜ほとんど寝ずに看ていた妹が少々ダウンしているみたい。
さすがにホッと気が抜けたんでしょうね~

フロイデくん、ありがと!
きっとかーしゃんがお話してくれていたから、わかったんだよね~
会ったことがなくても、なんとな~く知ってるおばあちゃんワンコ。
今は大好きなお父さんと会えて・・また朝食のウインナーを分けてもらってるよ、きっとv-410

うめちゃん

うめちゃん、やさしいコメントどうもありがとうv-406

母と妹は私にはおチビ、シェリー、そして実家を離れているからとノンのことは最小限に話していたようなの。
でも、何度も覚悟をしたようで。。そう思うとこの日のためにノンはがんばったんだ~とみんなで納得。

看取った母は安心していました。
「もし、自分がいないときに・・」ってずーっとそれを恐れていたのです。
母も妹も大きな役割を果たせたことが一つの区切りになっていると思います。
母にまでメッセージ、ありがとうございました。

トラッキーママさんへ

トラッキーママさん、ノンにメッセージどうもありがとう!!

きっとノンは苦痛から解放されて、大好きなご飯をポリポリ食べて(シェリーと違ってポリポリゆっくり派)、ひといきついたころかな~なんて思います。
とてもかわいがった父と再開して、また可愛がってもらっている。。絶対そうだと信じています。

さびしいけれど、これもノンの一時代の終焉と思って。。。

パルママさんへ

パルママさん、やさしいコメントありがとうございますv-406

そう、命には平等にやってくる老いと死。
ワンコは人の4倍以上のスピードなわけで、わかっているけど。。。
ノンの最後は実は苦しんで辛かったの。それにずーっと付き合って看ていた母と妹はどれほど心が痛かったか。。。v-406
ノンは色々なことを教えていってくれました。
おチビも泣いてね~~v-406

あるときふっと「成仏できた」って感じることがあるそうですね。
母がそう感じるときが早くきてほしいな~

ちょこ

ちょこZさん、やさしいコメントありがとうございますv-406

今、母と妹はノンを見送れた安堵感と、ノンがいた場所を見るのが辛い気持と入り混じっているようです。
ノンが使っていたものや生活サイクルの時間帯、まだまだノンのいない生活に慣れるには時間がかるかな。。。
でも、17歳という歳を病気ひとつせずに行きぬいたことに驚きと感謝のようです。

ノンはきっと父と再開して。。。かわいがってもらっていると思いますv-410

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。